肝臓の数値を下げるには【生活習慣を見直すことが大事です】

血液をサラサラにする方法

医薬品

DHAは血液をサラサラにしてくれる効果があるので、動脈硬化を防ぐ効果が、非常に高いです。そのため、動脈硬化が原因で引き起こされる、脳梗塞や心筋梗塞の発症を、防ぐ効果があります。ちなみに、DHAは青魚などから摂取することが出来るので、青魚を食べることが大事です。しかし、青魚の内臓や卵には、動脈硬化の原因である、コレステロールが多く含まれているので、内臓と卵は、なるべくたくさん摂取しないほうがいいです。そのため、青魚をまるごと一匹食べずに、内臓と卵を取り除くことが大切です。

DHAと同じような効果がある成分に、EPAという成分があります。どちらも血液をサラサラにする効果がありますが、少しだけ違いがあります。それは、DHAは主に脳にいいことがわかっており、EPAは血液にいいことがわかっています。もちろんDHAでも、血液はサラサラになりますが、更にサラサラにしたいのであれば、EPAも摂取することが大事です。また、DHAは乳児期の赤ちゃんの、頭の発育にもいいことがわかっているので、赤ちゃんにも非常に効果があります。

青魚が嫌いでDHAを摂取することが難しい人は、サプリメントなどで簡単に摂取することができます。また、サプリメントは手軽に飲むことができるので、時間がない人でも、簡単に摂取することができます。そのため、様々な人が、簡単に利用することができます。それと、DHAとEPAが同時に摂取できる、サプリメントもあるので、自分に必要な成分を理解して、選ぶことが非常に大事です。