肝臓の数値を下げるには【生活習慣を見直すことが大事です】

卵などに多く含まれる成分

ダイエット

コレステロール値が高いと、脳梗塞や心筋梗塞になる可能性が非常に高くなるので、コレステロール値を下げることが大切です。ちなみに、コレステロール値が高いと、動脈効果がすすみます。動脈硬化というのは、血管にコレステロールを含んだ、泡沫細胞というのが大量に集まり、血管の壁に張り付いてしまうことです。血管の内部に、コレステロールが張り付いてしまうと、血管がせき止められたり、張り付いたコレステロールが血流にそって流れて、脳などの細かい血管に詰まったりするので、非常に危険です。そのため、コレステロール値は、早急に下げることが大事です。

コレステロールを多く含んだ食べ物は様々で、主に卵類が多いです。その中でも、たまごの黄身が非常にコレステロールが多いので、たまごの黄身は、あまり食べないようにすることが大事です。他にも、いくらやあんこうのきもなどの、魚介類にもコレステロールが多く含まれています。そのため、魚を内臓ごと食べたり、卵ごと食べたりすると、コレステロールを大量に摂取することにつながります。

コレステロール値を下げるには、肝臓の機能を改善することで、コレステロール値がさがります。そのため、肝臓の機能をよくすることが大事です。ちなみに、肝臓にいい食べ物は、シジミなどが代表的で、主にタウリンという成分が、肝臓の機能をよくしてくれます。また、アルコールをとりすぎて、肝臓に負担をかけてしまうと、肝臓の機能が悪くなってしまうので、お酒はなるべく控えるほうがいいです。